• ごあいさつ
  • プロフィール
  • 政治理念
  • 議員活動

ホーム > 議員活動 > 「平成21年3月定例会」での一般質問詳細

「平成21年3月定例会」での一般質問詳細

半田市における安全なまちづくりについて

安全な町ランキングが全国768市中702位である半田市の交通事故の状況と今後の対応について問う。
半田市における人身事故件数は減少傾向ですが、死亡者数は増加傾向にあり、特に昨年は半田警察署管内の死亡事故件数の75%が半田市内で発生し、本年1月には交通死亡事故抑止重点地区の指定を受けました。1市5町高齢者交通安全協議会の協力の下、交通安全モデル老人クラブの増設、半田警察署の協力を得て中・高生を対象に交通教室の実施、白黒塗装のパトロール車を購入し交通安全パトロールの充実を図るなど、交通事故の抑制に全力を尽くします。
大地震に対する備えについて、ハザードマップの全戸配布だけでなく、大きな被害が予想される地域の市民への意識啓発が特に必要であると考えるがどうか。
自主防災組織と連携し、地域に応じた対応に努めていきます。
被災後50年が経過した伊勢湾台風の教訓について、学んだこと、後世に伝えることは何か。
伊勢湾台風は、死者・行方不明者5千人を数え、阪神・淡路大震災が発生するまで、戦後最大の自然災害であり、災害対策の礎となる災害対策基本法制定の契機となった災害です。私達は風水害の恐ろしさ、備えの必要性、隣近所の助け合いの重要性、ボランティア精神の尊さ、混乱に乗じて発生する盗難などに対する治安対策の必要性を学び、これらを後世に伝えたいと考えております。今年は伊勢湾台風50年事業として、防災講演会や、防災シンポジウム、記録写真のパネル展を開催する予定です。

▲ このページ先頭へ