• ごあいさつ
  • プロフィール
  • 政治理念
  • 議員活動

ホーム > 議員活動 > 「平成24年12月定例会」での一般質問詳細

「平成24年12月定例会」での一般質問詳細

ソーシャルメディアの活用について

大規模災害時は、普段慣れ親しんでいるメディアでの行政情報の発信・受信が制約される。そこで、ツイッター、フェイスブック等、ソーシャルメディアも活用すべきと考えるがどうか。
災害時の実例から、従来の情報発信手段の弱点を補う部分もあり、実施に向けて検討していきます。
市民の、特に若者の市政への関心を高めるために、双方向の情報発信が可能なソーシャルメディアを活用すべきと考えるがどうか。
市民の皆様との双方向での情報交換は重要であると考えます。例えば、投稿した質問・意見などのアクションに対して、市からの迅速な反応があり、更にそれらの意見が市政へ反映されたことを実感できれば、市政への関心も高まると思います。市民協働の観点からも、ソーシャルメディアは有効なツールの一つになり得ると考えます。
ソーシャルメディアを活用した平時からの情報発信をいつから行うか。
運用体制や、回答に係る責任の所在など、整理すべき課題は多いですが、今年度中にはやれることから取り組んでいきたいと思います。

新庁舎建設事業について

どのような発注を行う予定か。
適正な工事施行、発注価格が担保されることはもとより、何より地元経済の活性化につながる様、様々な発注方式を検討しています。また、工事に関わる従業員の飲食、宿泊も市内で行っていただくなど、幅広い地域経済の活性化を目指す仕組みを考えており、年明けには示したいと思います。

▲ このページ先頭へ