• ごあいさつ
  • プロフィール
  • 政治理念
  • 議員活動

ホーム > 2011年03月15日投稿 「被災地へ思いを馳せて」

被災地へ思いを馳せて

2011年03月15日 投稿

3月11日の宮城県三陸沖を震源とした「東北地方太平洋沖地震」におきまして、被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、深くお悔やみを申し上げます。

地震がおこったとき、私は市議会の一般質問の真最中でした。議場が左右に揺れ、めまいと錯覚をしました。議員の方々からも、「揺れている!」等の声があがり、議場は騒然としました。半田市はそれ以上の揺れはおこりませんでしたが、しばらくすると、半田市も津波警報により、市長はじめ市職員の方々が警戒体制に入り、議会は延会となりました。

テレビをつけると、テレビ局内のカメラの映像だったと思いますが、皆が身を低くし怯え、机や棚の物が飛散していく様子。「震源地は宮城県沖。高い津波が発生する危険性があります。高台に避難して下さい。」と早口でまくしたてるアナウンサー。にわかには現実のものとは信じがたい状況に不安がよぎります。ふたつ目の大きな地震が連動しておこったと報道され、東海大震災まで連動するのではないかという心配もありました。

阪神大震災のときに、私の義父が、発生直後に、知人たちに支援物資の提供を依頼し、発生した日の夜には支援物資をいっぱいにしたトラックで、関西にむけ出発しました。今回も、そうすることを家族で相談してみましたが、義父は、「今回はあまりにひどすぎて、今すぐできることが思いつかない。いまの状況の中、個人の判断で走り出せば、逆に自分が被災者になるなど、迷惑になってしまう可能性が高い。今はプロの救命・救援の邪魔をしないことがまずは大切なこと」だと話し、出動は断念。

今、できることは何だろうか。市の幹部の方にも相談してみたところ、「情報もなく、現地で何がどれくらい必要かもわからない。受け入れ体制もとれていない今、何が必要か確定できない」とのこと。「やはり何にでも使えるお金を集めよう」と思い、募金活動をすることにしました。

後援会の皆さんと大急ぎで募金箱を作り、街に立ってみると、みなさまの想像を超える反応を大変ありがたく感じるとともに、みなさまの「何かをしなくては!」という気持ちをずっしりと感じました。

東海・東南海地震が起きると言われて久しいこの東海地方、明日は我が身かも知れない。

被災地におきましては、日夜を問わず被災者救助や災害対策に全力を尽くしていらっしゃる皆様に敬意の意を表します。

あらためて被災地におかれましては、少しでも不便が解消され、また、一日も早く普段の生活に戻れますよう心よりお祈り申し上げます。
(久世たかひろ)

▲ このページ先頭へ